アルバイトやパートの人でも、カードローンに申し込みは可能です。

実際、利用できるカードローン会社は限定される場合がありますが、安定した収入があれば、審査に通過することは難しいことではありません。

審査基準は、カードローンの会社によって異なりますが、安定した収入があり20歳以上の成人であれば、融資は十分可能といえます。

もちろん、正社員に比べると借り入れ限度額は低くなる場合がありますが、消費者金融系のカードローンであれば、収入の3分の1以内の融資を受けることができます。

ただ、アルバイト勤務でカードローン審査を受ける際には、一度に複数件の申し込みをしたり、必要最低限しか借り入れをしないなど、注意しないといけない点があります。

通常カードローンに申し込みをした場合、その記録は半年の間信用情報機関に登録されます。

その間複数件情報が記録されてしまうと、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

また、アルバイト勤務の場合、高額な融資を受けることは難しく必要最低限の額しか借り入れしないようにすることも、審査に通るためには大切です。

そのほかにも、借入額を多くするために収入金額など事実と異なる情報を申告してしまった場合、虚偽の申告があったということで、審査の段階で落ちてしまいますから、必ず真実を申告することが大切です。