キャッシングを利用してお金を返す事ができない時に返す事無く逃げようとする人もいます。それは借金には時効があるためです。ここではキャッシングの時効について知りましょう。

・返済期間はあるのか? 返済の時効はあります。つまりは返済する事無く逃げ切る事ができれば返済の義務は消えると言えます。法律上においては返済の時効を商事債権の時効と言います。これは最終取引から5年間経てば借金返済の義務が消滅する事を言います。

 ですが、5年間も逃げ切る事は容易ではないです。お金を貸した側としては、なんとかして時効成立を避けたいものです。回収をそう簡単にはあきらめません。銀行やクレジット会社、信販、消費者金融などの会社は時効の成立が近くなれば、時効の中断もしくは最終取引日の更新で時効が成立しないように抵抗してきます。

 相手は金融のプロですから、簡単には時効成立を許しません。また返済しないままでは信用情報機関に事故登録されます。これは5年から10年もの間、情報信用機関に保存される事になります。

 キャッシングも立派な借金ですから、必ず返すようにしましょう。時効の成立を狙い逃げようとしてもそんな簡単にはいきません。利子などもしっかりと計算して返済計画を立ててしっかりと借金を返す心構えが重要です。