44歳のパート主婦・子供の教育費が足りずにピンチ!困った時のカードローン!

44歳で横浜市に住み、スーパーでパート勤務をしています。会社員の夫と中学生の息子がいます。生活費の管理は私が行っており、子供の教育費はパート代から出していましたが、ここ最近は塾代や部活動費などで思いがけない出費がけっこう重なり、かなり家計を圧迫するようになったので、パート代ではやりくできないと感じていました。

家計を圧迫した要因は?

子供が中学生になってから塾へ通うようになったことで、かなりこれが大きな家計を圧迫している原因だと言えます。ですが、塾へ通うのは当たり前のことですし、高校受験する場合には必要になるので、とにかくまとまったお金が必要になるので、教育費をなんとかせねばと考えていました。家族には内緒にしておきたかったので、カードローンの利用を検討しました。

パートでもカードローンは利用できるの?

やっぱり心配だったのは、パート主婦はカードローンの利用が可能かどうか?その点は、かなり心配だったので申し込みを行う前にウェブ上に必要事項を入力するだけで簡単に審査が行えるスピード審査を利用して、対象かどうか判断することにしました。カードローン申し込み対象だったので、さっそく申し込み時に必要な身分証明書・勤務先や年収など、様々なことをチェックして手続きを行いました。身分証明書はカメラアプリで撮影して添付するとよいので、手軽さに驚きました。

カードローンを利用できた!

申し込みや審査もスムーズにでき、季節講習費用と通常授業で塾代25万円必要だったので、すぐ借入しました。手続きがとても簡単だし、ウェブ上で行うことができるのでオンラインにてスピーディにでき、ホッとしました。人目につかないのでコソコソする必要もなく、ネットバンク経由で借入ができるから安心できます。返済もお給料日以降を設定して、銀行引き落としにしたので、無理なく返済することもできるし、窓口へ行かなくても融資や返済ができるので安心です。

家族に内緒でカードローンは利用できる

カードローンの魅力的の一つとして、やはり家族に内緒で利用することができるので何かとお金に困った時は活用するようにしています。少額から利用できるし、返済も自分の都合に合わせてセッティングできるので、計画的にお金の管理ができるようになったなぁと自分で感じています。子供の教育費もなんとか準備することができたので、これで塾代も支払うことができたのでホッとしました。カードローンがあると精神的な部分がだいぶ近います。

まとめ

どうしてもお金が必要になった時、やはりカードローンを持っているとお金のやりくりが上手にできるし、子供の教育費が足りないときすぐ借入ができるので、身近な人にお金の相談をしなくて済むのは何かと安心できます。やっぱり他の人にはバレたくないので、カードローンでこっそりと借入ができ、返済もスムーズにできるから日常的に愛用しています。