転ばぬ先の杖 〜 いざというときの為にカードローンを作る

現在消費者金融では多様なサービスを実施しており、さまざまな方法で即日融資もおこなっています。お金に困ったときは、強い味方になってくれます。

ですが、お金に困ってから行動するよりさらに大事なことは、いざというとき借入れできる態勢を整えておくことのほうです。

いざというとき借入れできる枠は、あなたの資産の一部です。資産を拡大しておくことは、実に重要です。

転ばぬ先の杖として、借入可能な額を増やしておく方法について見ていきましょう。

いざというとき借金はどれだけ可能?

2017年より、銀行カードローンは即日の貸出しをしてくれなくなりました。審査中に警察庁のデータベースにアクセスし、申込者が反社会勢力の関係者でないことを確認してから融資を実行することになったためです。反社会勢力に資金が流出したことを受けて、ルールが変わったものです。

その結果、依然即日融資を実行している消費者金融の相対的価値は上昇しています。

大手においては、初回借入れ時の無利息サービスを実施してくれてるのもメリットです。

では、消費者金融に頼るとして、いくらまで借りられるでしょうか? まず、法律上の制限がありますのでご注意ください。

貸金業法には「総量規制」というルールがあり、貸付けは利用者の年収の3分の1が上限となっています。

貸付額は、業者をまたいで適用されますので、複数の業者から借り入れる場合でも、借入限度額は年収の3分の1までとなります。

このルールを既存の借入額から見ますと、年収の3分の1までに借金が達していない人ならば、借入可能だということになります。

そして、他の借入れやクレジットカードなどで支払遅延などのない人であれば、新規に借入れできる可能性は高いです。

ですが、初めてのお客に対しては、なかなか多額は貸してくれないことを覚えておきましょう。

50万円借入れしたくても、20万円しか貸してくれないかもしれません。

初めてのお客は、業者からの信用がないためです。

銀行カードローンを申し込んでおく

即日融資のできなくなった銀行カードローンですが、だからといってその価値が小さくなったわけではありません。

給与振込等で、誰でも銀行にはお世話になっているでしょう。銀行との取引の中で、積立などとともに、カードローンも作っておくべきです。

借金がなく、一定の年収がある人なら、50万円程度の限度額を設定してくれることは多いものです。

仮に、そこまでの限度額を設定してもらえなかったとしても、気にすることはありません。あくまでもいざというときのためのものだからです。

その後、銀行との取引を続けていますと、限度額を上げてもらえることが多いです。

そして銀行カードローンは、貸金業法の総量規制と無関係です。銀行のカードローン枠は、銀行の住宅ローンや自動車ローンには影響しますが、消費者金融カードローンには影響しないのが普通です。

ですから、銀行カードローンは必ず備えとして一枚持っておきましょう。

クレジットカードの限度額をアップしよう

クレジットカードも、お買い物に使うだけの存在ではありません。いざというときのために機能し、借金もできる存在です。

クレジットカードは、日ごろから積極的に使ったほうがいいです。といって、ムダな買い物をする必要はありません。

光熱費や、通信費、公共料金等はカード払いにしましょう。それが個人の信用となり、 信用の積み重ねによって、限度額が上がります。

ショッピング枠が大きくなると、どういったメリットがあるでしょうか。

「クレジットカード現金化」などに手を出してはいけません。これは、クレジットカードで買い物をして、その商品を専門買取業者に引き取ってもらうものですが、金利を計算するととうてい割に合いません。

そのような怪しい方法に頼らなくても、カード代金をリボ払いにすることにより、借金をしたのと同じ状態を作り出すことができるようになります。

最近は多くのカードで、会員専用サイトでの処理により、代金支払前にリボ払いへの変更ができるようになりました。

公共料金などの支払により、毎月のカード支払い額の多い人の場合、リボ払いにして支払を一時逃れるだけで、手元にお金が残るようになります。

もちろん、リボ払いも金利のつく立派な借金です。その仕組みはちゃんと理解して使いましょう。

まとめ

すぐに借りないにしても、生活のセーフガードとして、いざというとき備えてできることをご紹介しました。

この他、クレジットカードのキャッシング枠もいざというときの頼りになります。

複数のクレジットカードのキャッシング枠がある場合、1枚を残して、枠を解約してしまうのもいい方法です。

そうしますと、残った1枚のキャッシング枠を、最大50万円まで上げてもらえることが多いです。