お金を借りるための金利の低いカードローンとは?おすすめも紹介します

お金がどうしても必要になってしまうこともあると思います。そのようなときは銀行や金融機関でお金を借りることもあると思いますが、お金を借りた後は返済をしなくてはならなくなります。

そのため、お金を借りる際は金利の高低を確認することも大事になります。金利が低いならば返済の際の負担も軽くなります。

返済の負担を軽くするための金利ですが、どのカードローンを利用すれば良いのか分からないかもしれません。カードローンの機関はとても多いからです。

どのようなカードローンを利用すれば良いのか紹介していきたいと思います。

カードローンの金利とは

カードローンでお金を借りる際にカードローンの金利について知っておくことも大事になります金利とはカードローンを取り扱う金融業者にしはらう手数料のことになります。

銀行や消費者金融などでは個人や企業に融資を行なって手数料をもらうことで利益を得ています。金利を得ることで利用者の返済が滞った時の損失を防ぐこともできます。

金利があることで利用者にとっては借りたお金よりも多くのお金を返済しなくてはならないかもしれませんが、金利は変動金利または固定金利か選ぶことができます。ただ、今ではほとんどの金利は固定されています。

それは金利が法律で決められているためです。

  • 借入額10万円未満であれば金利20%
  • 10万円〜100万円未満であれば金利18%
  • 100万円以上であれば金利15%

これは、カードローンの金利になりますが、このようにして上限の金利は定められているので、1つの基準として覚えておくことができます。この基準よりも高い金利を提示された場合は闇金となる業者になるため、見極めるポイントになります。

金利の低い銀行カードローンは

お金を借りる際は大きく分けて銀行カードローンと消費者金融カードローンになります。この2つの内、銀行カードローンは金利が低いことで知られています。大手銀行カードローンの金利はどのようになっているのかいくつか紹介していきます。

  • 住伸SBIネット銀行Mr.カードローンプレミアムコース:金利年1.59〜7.99%
  • リソナカードローン:年3.5〜12.475%
  • イオン銀行カードローン:年3.8〜13.8%
  • ソニー銀行カードローン:年2.5〜13.8%
  • 楽天銀行スーパーローン年1.9〜14.5%
  • 三菱UFJ銀行 バンクイック:年1.8〜14.6%
  • セブン銀行カードローン:年15.0%
  • オリックス銀行カードローン:年1.7〜17.8%

という風になっています。このように銀行カードローンでも上限の金利は違いが生じています。この中で最も上限金利が低いのは住信SBI銀行になります。

上限金利が高くなっているのはオリックス銀行です。

銀行カードローンと言ってもこのように金利も変動してくるので、自分の良いと思うところを見極める必要があります。

消費者金融カードローンで金利の低いところは

次に消費者金融カードローンでお金を借りるならばどこで借りるのが良いのか紹介していきます。消費者金融であれば、お金を借りる際に銀行カードローンよりも借りやすいというメリットがあります。

その分金利は高く設定されているところが多いですが、いくつか紹介していきます。

  • プロミス:年金利4.5〜17.8%
  • アコム:年金利4.5〜17.8%
  • レイクALSA:年金利4.5〜18.0%
  • アイフル:年金利3.0〜18.0%
  • 三井住友カードゴールドローン:年金利3.5〜9.8%
  • フクホー:年金利7.3〜18.0%

となっています。

消費者金融カードローンにもいくつかありますが、この中でならば金利が低いのは三井住友カードゴールドローンであり、金利が高いのはフクホーになります。カードローンにもいくつか種類があるので、これらの点で見極めていく必要があります。

金利も大事だが期間も大事

金利もお金を借りる際に大事になってきますが、お金を借りる期間も大事になってきます。消費者金融カードローンの場合は日割り計算となっているため、期間が短ければ金利も低くなります。

残元金×実質年率÷365×利用日数=利息

これが利息の計算を求めるときの式になります。

この公式で仮に50万円を年金利18.0%で借りて30日で返済したとすれば、50万円×0.18÷365×30=7.397となります。

このようにして金利を低くして返済することができます。

期間が短ければそれだけ金利を抑えて返済していくことが可能になります。金利も大事ですが期間も大事だと言えるのはこの点があるためです。

まとめ

お金を借りた際の返済金額は利息によって変化してくるため、自分は銀行カードローンが良いのか消費者金融カードローンが良いのか考えてからお金を借りるのが良いです。

金利が低いのは銀行カードローンですが、お金を借りやすいのと日割りで利息が変化するのは消費者金融カードローンになります。

この点のメリットも考えるなら短期間でお金を借りる人は消費者金融カードローンがお得な場合もあります。

ぜひ、選択のポイントとしてください。