自営業の人でもキャッシングは可能?審査を通りやすくするために必要なことは?

お金が必要になって消費者金融機関などを利用することもあるかもしれません。消費者金融でも銀行でもお金を借りる、または融資を受けるためには審査を受ける必要があり、審査の結果によって借りることのできる金額が変わります。

一般企業に勤めている人であれば、ほとんど審査に通りますが、自営業などをしている人は審査に通らないことがあります。

自営業の方のキャッシングについて紹介していきます。

自営業・個人専業主のカードローン事情

自営業や個人専業主は事業から得た利益から事業のための資金を捻出し、個人としての生活費も同じ事業から出す必要があります。

そのため、事業で得た資金を個人用と事業用に明確に分けることが難しい特性を持っています。

法人であれば一般的に自営業や個人専業主よりも社会的評価は高くなっており、信用性もあるため銀行や消費者金融機関も融資や借金の申し入れは容易に承諾してくれますが、自営業や個人専業主は評価が低くなりがちなため融資や借金が難しくなっています。

自営業で金融機関を利用するためには

自営業や個人専業主は融資や借金などの借し入れが難しくなっていますが、できないことはありません。

金融機関の発行するカードローンには個人用と事業資金用があります。また、カードローンでも資金目的が違えば審査内容も異なってくるので、審査に提出する書類も業者によって変わってきます。

これらの点を踏まえてみると自営業の方であれば自分がどのような目的でカードローンを利用するのか、資金目的を明らかにしておく必要があります。資金目的を明らかにしておくことで金融機関からお金を借りることができます。

もし、資金調達を目的にするならばビジネスローンやファクタリングからお金を借りることができます。

ビジネスローンの場合は事業主が事業資金借入を目的に利用できる方法の1つになります。銀行融資や保証協会付き融資などと比べて審査は簡単であり、審査のスピードも速くなっています。申し込みを行えばその日のうちにお金を借りることも可能となります。融資のための書類も少ないので、書類の準備も多くは必要はありません。

資金を急ぐときや資金不足に悩んでいるならば、ビジネスローンはお手軽です。

ただ、金利に関しては銀行融資などに比べて高めに設定されています。長期的にお金を借りようと思えば金利がかさんでくるので、短期的に利用するのが良い方法だと言えます。

ファクタリングの場合は売掛金を利用した事業者の資金調達のひとつで法人、自営業、個人専業主ともに利用することができます。

ファクタリングを利用する場合は条件として、利用者が自分の事業で生じた売掛金を持っている必要があります。その売掛債権を回収日まで待たずにファクタリング会社に売却することで、資金を得ることができます。

ファクタリング会社は買い取った売掛債権から利用手数料を差し引いて残金を利用者の銀行口座に振り込むことでファクタリングが完了します。

売掛金の回収日が来ればファクタリング会社は売掛先企業から資金を回収して終了となります。

このような仕組みで資金を得ることができますが、ファクタリングは売掛金を持っていなければ利用できないので、その点がネックになります。

審査を通りやすくするには

自営業や個人専業主で審査をしっかり通りやすくするには必要書類をしっかりと提出することが大事になります。

自営業の人たちは身分証明書だけで気軽にカードローンを作れる事は無いため、収入を証明する確定申告書や収入証明書などを準備しておき、事業の実態がしっかりと把握して理解できるように請求者や受注書なども用意しておくと良いです。

これらの書類を先に用意しておくことで申し込みや審査もスムーズに行うことができ、また信頼性も実証することができるので、審査に通りやすくなります。

また限度額を低めに設定しておくと返済可能だと相手も認めてくれやすく審査に通りやすくなります。

自営業がお金を借りやすいのはどこか?

自営業の人でも銀行や消費者金融機関からキャッシングを利用することができますが、キャッシングしやすいのは消費者金融機関になります。

銀行が厳しいのは、仮に個人利用を目的にお金を貸していても、その資金を利用して生活費などではなく、事業資金に使われてしまうことを疑うためです。

金融機関であれば銀行のように厳しくは無く、個人向けキャッシングで資金の利用目的を書いていることもほとんどありません。

もし、キャッシングを利用するならば銀行よりも消費者金融の方が利用しやすいです。

まとめ

自営業の人でもキャッシングを利用することはできますが、その際にはしっかりと提出書類を出すようにすべきです。

書類が多く収入や事業の内容が分かれば、その分信頼性も取得しやすいので、この点はしっかり準備しておくことが大事です。

事業資金でも個人用でもキャッシングの利用できる機関は種類があるので、よく見極めて選択するようにしてください。