オリックス銀行カードローンでお金を借りれる人はどのような人?借りれない人はどのような人?

オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンの中でも、借り入れをしやすいと言われていますので、借り入れを考えておられる方も多いのではないでしょうか?また、オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンですから、消費者金融よりは、金利が低く抑えられているのも魅力ともいえるでしょう。それで、オリックス銀行カードローンはどのような人が借り入れをすることが出来て、どのような人が借り入れをすることが出来ないのかを詳しく考えてみましょう。

オリックス銀行カードローンの審査の基準とは?

オリックス銀行カードローンの審査を通るためにはどのような基準がるのでしょうか?その基準を知っているならば、自分の今の状況で審査が通るかどうかを把握しておく助けになるでしょう。その後に、実際にどんな人がオリックス銀行カードローンの審査に通りやすく、どのような人が通りにくいのかを考えていきましょう。

満20歳以上で69歳未満であること。

これが一番最初の条件になります。ですから20歳未満の人はどのような仕事をしていても審査に通る可能性はありません。それと同じように70歳を超えると、何かの会社の役員をしていても審査には通りません。

毎月安定した収入があること

二つ目の条件は安定した収入があることです。そしてその収入が毎月あるという事が求められます。それですから、サラリーマンや公務員のように毎月、給料を受け取っている人は審査に通る可能性が高くなります。逆に、毎月の収入が安定しない人は、審査に通る可能性が低くなります。

日本国内に住んでいること

日本国内に住んでいるのであれば、外国籍であったとしても、永住資格があるならばオリックス銀行カードローンからの借り入れを申し込むことが出来ます。

以上の三つの条件を考えてみますと、実際にどのような人がオリックス銀行カードローンの審査に受かるのかを容易に理解することが出来るでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査に受かりやすい人

毎月給料を定期的に受け取っている人

この中には、サラリーマンや、公務員も、もちろん含まれますが、アルバイト、パートであったとしても、毎月定期的に安定した収入があるのであれば、その収入に応じてオリックス銀行カードローンの審査に受かる可能性が高くなります。それで、自分は安定した収入を得ているという事柄を証明することが出来るだろうかと考えてみましょう。

オリックス銀行カードローンの審査に受かりにくいと考えられる人

学生

学生の場合は、どのような形で、毎月の収入があったとしてもオリックス銀行カードローンの借り入れをすることが出来ません。たとえば、学生の立場で会社員として働いていたり、役員収入があったり、アルバイトをしていたりする場合もそうです。それで、学生の立場であればオリックス銀行カードローンからの借り入れはあきらめましょう。

専業主婦

専業主婦の場合は、その人自身に安定収入がありませんから、オリックス銀行カードローンで借り入れをすることが出来ません。しかし、専業主婦ではなく、主婦でありながら、働いており、安定収入があるならば、その借入希望額に応じて、借り入れすることが出来るでしょう。

年金受給者

オリックス銀行カードローンは、公的年金受給者であればお申込み可能です。

公的年金とは、20歳以上の全国民が加入する国民年金、民間企業で働く会社員を対象とした厚生年金、国家公務員や地方公務員、私立学校の教職員を対象とした共済年金の3種類です。これらいずれかの年金を受給していれば申し込みができます。

自営業の方

自営業の方は、毎月の売り上げが、これからも同じ額があると保証することが難しい状況と言えます。それで、安定収入があるかどうかの項目で引っかかってしまう可能性があるでしょう。しかし、過去の業績によって、返済能力があるとされる人は借り入れを行うことが出来ます。

これまでどのような人がオリックス銀行カードローンで借り入れを行うことが出来て、どのような人が借り入れできないかを考えました。

最初に考えた三つの条件に合う人であっても、すべての人が借り入れすることが出来るわけではありません。実際にオリックス銀行カードローンの提携する保証会社が、返済することのできる能力がある人だけが融資を得ることが出来ます。それで、融資を受けるために、ほかの金融機関でローンを組んでいるか?以前に借り入れをして返さなかったことがあるか?借入希望額は、収入に応じて妥当であると言えるか?という点についても実際に自分で考えてみると良いでしょう。

まとめ

今回はどんな人がオリックス銀行カードローンで借り入れをすることが出来るかどうか?を考慮しました。大きく言って三つの条項があり、20歳以上69歳未満であること、安定した収入があること、そして日本国内に住んでいるという事でした。以上の条件を考えますと、サラリーマンや公務員などは審査に通る可能性が高くなり、審査に通らない人は、学生、専業主婦、年金だけが収入である人、毎月の収入が安定しない自営業の方がいるという事を知ることが出来ました。