オリックス銀行のカードローン、会社へ在籍確認の電話はあるの?

オリックス銀行カードローンに申し込むとき、まず気になるのは「審査の過程で、職場に在籍確認の電話がこないのか?」という問題です。借金の事実を、会社の上司や部下に知られたくありませんよね。オリックス銀行の審査の途中で、職場への電話連絡はあるのか徹底的に調べてみました。参考にしてみてください。

そもそも在籍確認ってなんでするの?

オリックス銀行を始めてキャッシングする方にとって、周囲に借金の事実をバレるか・バレないかは大きな問題です。オリックス銀行には在籍確認があるのでしょうか。

オリックス銀行をはじめとした銀行系カードローンの場合、申し込みがおこなわれた内容が「正しい事実なのか」「誤っている情報なのか」見定める必要があります。勤務先や氏名などの登録情報が間違っていると、毎月の収入などを正確にジャッジすることができず「お金の返済ができる人なのか」「できない人なのか」銀行側が正しく判断することができないからです。

そのため多くの銀行では、審査の段階で、その人が勤務している会社に電話をかけ、勤務先や職種に関する情報が正しいものなのか確かめます。在籍確認はお金をスムーズに借り入れするためにくぐり抜けなければならないひとつの関門なのです。

ずばり、オリックス銀行の在籍確認はある?

オリックス銀行でも、他の銀行のキャッシング会社と同じように在籍確認をおこないます。ただその手法はほかの銀行とは、ひと味ちがい「利用者に優しい内容」となっています。

利用者に優しい利用というのは「事前にアナウンスがある」ということ。申し込みをおこなったメールアドレス宛てに「今週の金曜日の14時くらいに、会社宛てに連絡を入れます」などのメッセージが届くのです。日付とおおよその時間帯まで教えてくれるため、ココロの準備は万端です。ありがたいサービスですよね。

またオリックス銀行のカードローンの在籍確認は「会社名は出さず、個人の名前で電話がいく」ことが多くなっています。佐藤さん、田中さんなどスタッフの方の個人名で電話をかけてくれるため、万が一社内の他の人が受話器を取ってしまった場合も大丈夫。安心して受け答えすることができるため、かなり安心度の高いサービスとなっています。

ちなみにオリックス銀行の電話は「必ず非通知でかける」決まりがあります。そのため、社内の電話番号にオリックス銀行の電話番号が表示される恐れもありません。社内の誰かが不審に思い番号検索をかけたとしても、オリックス銀行の名前は上がってこない仕組み。ここまで徹底したサービスをおこなっているのであれば、キャッシング初めての方でも安心して申し込めますね。

結論 〜 オリックス銀行の在籍確認はアリ、けれども安心

オリックス銀行のカードローンに申し込みすると、間違いなく会社への在籍確認はおこなわれます。ただし銀行側も手慣れているため、利用者の方に気まづい思いをさせないように、あの手この手で優しくフォローしてくれます。

事前に登録先のメールアドレスに在籍確認の日時をお知らせしてくれる・非通知で電話をかけてくれる・鈴木さんや田中さんなどスタッフの個人のお名前でかけてきてくれる…など周囲にバレないための細かいガバナンスがあります。ここまでバレないことを徹底している銀行は、珍しいのではないでしょうか。どんなに勘の鋭い上司や同僚・部下であっても、個人のお名前で電話をかけてくればクライアントの1人・親せきの1人・ご家族の1人だと思うのではないでしょうか。

ちなみに銀行系のカードローンは、2015年に金融庁がリサーチしたデータによると「日本人の10人に1人が利用している」それほど珍しいものではなくなってきています。10人に1人の割合であれば、おそらく会社でカードローンを利用している人はゼロではないでしょう。

万が一カードローンの申し込みだとバレても、大人の気遣いでそっとしておいてくれることがほとんどです。必要以上に心配しすぎないことも重要です。

まとめ

ネットでよく見かけるオリックス銀行。適切な収入が入っている方なら、審査が通りやすい人気のカードローン先です。

キャッシングをおこなうとき、気になるのが「会社への在籍確認の有無」です。オリックス銀行の場合、在籍確認の電話は100%確実におこなわれます。ただし電話をかけてくるとき非通知設定であったり、スタッフの個人名でかけてきたり、事前に在籍確認の日時をメールで教えてくれるなど…それなりの配慮があります。

丁寧なフォローがあるため、周囲に借金がバレてしまう可能性はほぼありません。安心して借り入れできる銀行のひとつです。