医療費に使える?

オリックス銀行カードローンは、事業性の資金以外なら使途自由ですから、医療費にももちろん使えます。

ちなみに、高額療養費制度をご存知ですか?手術をしたり長期入院したりするとお金がかかりますよね。でも、高額療養費制度を使えばどんなに高い治療を行っても1か月の自己負担は最大で4~16万円程度で済みます(年齢、年収で変わり差額ベッド代や食事費は含まれません。あくまで保険治療分です。詳しくは健康保険組合や厚生労働省のHPで調べてください)。

高額療養費は後で返金する制度

高額療養費制度は、自分で申請しないと適用になりませんから、もし入院するのであれば必ず申請をしてください。

申請は健康保険組合か病院の窓口で医療費を支払う前に手続きできるところもありますが、一般的には、先に自己負担分を支払った後に請求し、支給(返金)されるまでに3ヵ月程度かかるので家計の負担になります。

先にまとまったお金が必要になる

このように高額療養費制度は、先に高額な医療費を支払った後に、差額を返金してもらえる制度です。だから、先にまとまったお金は必要なんです。貯金もなく借りるあてもない人は、カードローンを利用するという方も多いようです。いずれ返ってくると分かっているお金ですから少しの金利負担で済むのは助かると思います。

ただ、入院してからカードローンの申込みをするのって大変ですよね。ただでさえ病気やけがで苦しんでいるときに、書類用意したり手続きをしたりするのは大変です。

だから、そうなる前に先にカードローンを作っておくというのも1つの考え方です。特に若いうちは貯金も少なくお付き合いも多いですからお金が足りないという人も多いはずです。医療費としてだけでなく、いろいろなことに万が一の時の為にカードローンを申し込んでおくというのは強い味方です。それに、カードローンは持っているだけなら手数料はかかりません。

⇒ 金利の低いオリックス銀行カードローンを見てみる

このサイトの管理人も、若い頃銀行に50万円程借金をしていました。なかなか借金が減りませんでしたが、その後会社のお給料も増えてきていつのまにか完済できていました。そのときの借金は決して後ろめたいものではなく、ピンチの時に本当に役に立ったと思っています。

会社員なら傷病手当制度も知っておこう

それと、病気やけがで連続4日以上会社を休む場合で有給が使えない場合は、傷病手当金という制度も活用しましょう。

傷病手当金は、会社から給料が支払われず病気などで休む場合に健康保険組合から給料の最大6割が最大1年半の間受け取れるというものです。会社を退職しても使えますからうつ病が原因で会社を退職せざるを得なくなった場合でも、傷病手当金をもらいながら治療に専念することができるのです。

ただ、この制度も自分から申請しようとしないといけません。こういう制度があるよと言ってくれる会社も少ないですし社長ですらそもそもこの制度を知らないという人は多いです。尚、国民健康保険にこの制度はないので社会保険に加入している主にサラリーマンの方が対象になります。