eダイレクト定期預金がお得な理由

オリックス銀行では、eダイレクト預金口座を開設することが可能です。

eダイレクト預金口座は、普通預金と定期預金に分かれています。一見普通の銀行の預金ですが、注目されているのは、その金利です。普通預金の金利は他校と同程度で大差ありませんが、定期預金は他行と比べて金利が高いのが特徴です。

基本的にネット銀行系の金利は、どれも通常の銀行に比べて金利は高めなのですが、その中でもオリックス銀行の定期預金は特に高めだということです。

eダイレクト定期預金の種類

2週間から5年まで、目的に合わせて期間を選べるインターネット専用の定期預金です。

2週間定期預金は50万円、6ヶ月以上の定期預金は100万円が最低預入金額となります。

金利は毎月1日と15日(土日祝日の場合は翌営業日)に見直しを行っていますので、最新の金利はオリックス銀行の公式ウェブサイトをご確認ください。

利用にはネット環境が必須

1つ注意しなければいけないことは、オリックス銀行には通帳もキャッシュカードも無いということです。だから、eダイレクト預金行口座にお金を預けたり、引き出したりするにはATMが使えず、ネットバンキングで振込を使う以外ありません。

なので、他行→オリックス銀行宛ての振り込み、及び、オリックス銀行→他行宛ての振り込みに手数料のかからない、銀行口座がないと手数料によって高金利の恩恵が減ってしまうことになります。

定期預金に預け入れる時は、オリックス銀行へ振り込む必要があります。最近は、月数回までは他行への振り込み手数料が無料という銀行が増えてきています。定期預金なのでひと月に何度も預け入れすることはないでしょうから、そういった銀行を選べばいいでしょう。

定期預金から引き出す時は、オリックス銀行から他行宛てに振り込みをする必要がありますが、オリックス銀行の振込手数料は月2回まで無料なので問題ないでしょう。

eダイレクト預金口座開設の手順

eダイレクト定期預金を利用するには、まずeダイレクト預金口座を開設する必要があります。eダイレクト預金口座は、オリックス銀行の公式サイトから申し込みが可能です。

但し、残念なことに、eダイレクト預金口座はオンラインだけでは申込みは完結しません。

オリックス銀行公式サイトからeダイレクト預金口座に申し込んだ後、申込書と返信用封筒を印刷して郵送する必要があります。もしプリンターを持っていない場合は、オリックス銀行から申込書と返信用封筒を郵送してもらいます。

その後、申し込み内容に問題なければ、オリックス銀行からカード(キャッシュカードではない)、ネットバンキングの仮パスワード、利用ガイドが届きますので、その後、ネットバンキングにログインすればeダイレクト預金口座を利用できるようになります。

ネットバンキングで定期預金の開設を申し込めばはじめて定期預金が利用できる状態になります。その後は、他行から普通預金に振り込みをして、それを定期預金に預け入れをします。

このように、オリックス銀行 eダイレクト預金口座の利用には、インターネットの使えるパソコンやスマホが必須ですから、それらを持ってなければ利用できません。また、それらの操作が苦手という方にはお勧めしません。